スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年3月29日(+30日)の取引結果



昨日はごめんちゃい!








昨日はブログを書いた後、
15時前には起きる予定で眠りについたものの、
実際に起きた時には16時を軽く超えていました。


いつもなら3時間くらい寝たら自然に目覚めるものの、
なんか疲れが溜まっているのか、
体が全く反応しませんでしたよ。


昔なら週末に友達と夜遊びしようが、
どんなに何時間もトレードをしようが
疲れを感じる事は一切ありませんでしたが、
もうそろそろその年代を卒業したんだなと感じざるを得ません。




チ○寄せ先輩が昔、

「私も昔は4.5時間睡眠で充分だったけど、
 最近は7時間以上は寝ないと体がもたない・・・。

 あんたも少しずつ、そうなると思うよ。」


と言っていましたが、
その時は”なーに言ってんだよオバハン”と内心思っていましたが(笑)、
その意味をちょっとだけ理解できるようになって来ました。


私はとにかく寝ている時間を”もったいない”と思ってしまう
どうしようもないタイプなんですが、
その考えを改め、睡眠時間を増やすか、
もしくは週末の”寝だめカンタービレ”の時間を今以上に増やすとか、
そこらへんも考えていこうかなと思っています。












では今日は、前回のアンケートで

・「頭の中で考えている事をもうちょっと書いて欲しい」
・「チャート解説をもっと詳しくして欲しい」

みたいな意見が多かったので、
今日は”頭の中大解剖スペシャル”として、
今まであまり書いてこなかった事を中心に、
「チャート解説コーナー」を展開しようかなと思います。






ではまずチャートの画像を出す前に、
下記にいくつかの概念を挙げたいと思いますが、
おそらくこれは私の中にある意識の中で、
他の方とは少し違う、そんな意識なのかなと思います。



”3”に対する意識

チャートポイントに対する意識

利食いに対する意識







まず①の「”3”に対する意識」ですが、
私はチャートを見る上で、”3回”とか”3度”とか”3日”とか、
とにかく””という数字を意識している事は間違いありません。


別に「1、2、しゃぁん」で一世を風靡した
世界のナベアツのファンである訳ではありません。




私のパターンである 3段上げ(下げ)の逆張り」というのは
その最もたるモノになりますが、それ以外にも

 同じゾーンに”3回”チャレンジしてもそのゾーンが抜けなければ
  そのゾーンの”固さ”は強いと意識する

 日足で”3日”上昇なり”3日”下落なりを連続で続けた場合は、
  その次の日は何かしらの変化が有るのではないかと意識する


というような、そんな”3”に対するイメージがあります。



例えばⅡに関して言うと色んな場面で応用できるのですが、
利食いなんかでは下記のような考え方をよくします。




諦めの3



最初の白丸の時点で、
最低利食いラインを達成しているともし仮定すると、
普通の方ならもうそこで利食いしてしまうかもしれません。


でも私は更なる上昇を狙うのでそこでは利食いせず、
次の山を待つのですが、上記の図は次の上昇もまた同じ所で止まっています。


なのでここで決済するのもアリですし、私もここで決済する場合もありますが、
もしここ(2個目の白丸)で決済しなかった場合でも、
3個目の白丸では100%決済します。




なので決済に関して言えば、
Ⅱの”3”という数字は、
私にとって利食い幅を広げる事を
”諦めさせる数字”として意識されています。


それ以外にも特に大きな根拠はないものの、
とにかく”3回・3度・3日”というのを常に意識している事は
間違いありません。






次に②の「チャートポイントに対する意識」ですが、
多分ダブルゼロやトリプルゼロに対する意識は他の方に比べ強いものの、
意識するチャートポイントの”場所”においては、
他の方と大差は無いと思います。


前回抜ききれなかった高値であり、
何度もサポートされているゾーンであったり、
そういった少し長めの時間枠でのチャートにおいて
意識されるポイントというのは誰から見ても明らかです。




でもそのポイントに対する意識の強さというのは
他の方より間違いなく強いし、
チャートが与えてくれる”最大の手掛かり”だと私は思っています。


なのでそのポイント付近に対して、
私は頭の中で”磁石”というか、
ゴムチューブ”みたいなものを頭に描いているんです。


そのポイントに何度チャレンジしても抜けなければ、
それは”強い抵抗のゴムチューブ”が存在している訳だし、
逆にそのポイントを上に簡単に上抜けたとしたら、
今度はゴムチューブが逆に”優しいサポートとして働く”、
そんなイメージを常に持っています。


ここらへんは言葉で説明するのが何とも難しいので、
後のチャート解説コーナーの所で詳しく説明しますね。






そして最後の「③利食いに対する意識」ですが、
私は利食いに対して、”できるだけしないもの”という意識があります。


おーい、何を言ってるんだーと言われそうですが、
「”できるだけ”しない。できるだけ値幅が伸びる確率にかける」
という意識が、人の数倍は私の中に存在していると思います。


勿論チャートの形で嫌な形が連続したり、
前述した”3”の意識などからそれなりの値幅で決済する事も多々ありますが、
ポジションを持った後にそのまま目標利益ラインにあっさり到達したとしても、
”一山(最初の大き目の押し)”は最低必ず見ますし、
新規注文直後の最初の波動だけで利食いするという事はありません。


損切りに関しては誰よりも”ロボット的”に考えていますし、
逆にそれが出来なければ、上記のような利食いに対するイメージは
持てていないと思いますが、利食いはロボット的には考えられないんです。




投資で勝つ為の要素として、
勝率であり小さな損切りというものが挙げられますが、
継続して”勝つ為には、
結局「大きなホームラン(利食い)が打てるかどうか」に依存します。


これは長い間FXをし続けてきて、
何よりも気付かされた事です。


例えば利食いに対して、”できるだけしないもの”という意識がなければ、
10回のトレードの中で小さな利食いを8回できるかもしれませんし、
今の私のように、”利益が乗っていたポジションが結果として損切りになる
という事も避けられます。


でもその8回の小さな利食いに対して”できるだけしないもの”
という意識が生まれると、例えば8回のうち大半が”利益→損切り”
になったとしても、その残りの1.2回でホームランが打てる可能性が
出てきますよね。


その可能性に賭けたほうが、
小さな利食いを何回も重ねるより、
結局トータルでは勝てるんですよ。



矛盾があるように感じるかもしれませんが、
これが投資の現実だし、勝率がぶれても
その”ぶれ分”の収支は、ホームランが全てカバーするんです。





では早速

”3”に対する意識

チャートポイントに対する意識
 (磁石と”ゴムチューブ”)

利食いに対する意識


の3つの意識がどう実際のトレードに反映されたか、
具体的に昨日のブログに書いたユーロ/円、
そして昨日トレードしたポンド/円のチャートを引っ張り出し、
書いて行きたいと思います。




【ユーロ/円 3月29日15時頃~3月30日10時頃までのチャート】


ユロユロゆーろ




ピンクの線は125円のラインですが、
このラインに触れた白丸の部分は、
チャートの日足でご覧頂ければお分かりの通り、
125円へのチャンレンジ”3”回目です。


そしてこの日自体、
ユーロ/円が”3”日連続上昇した次の日であり、
要チェケラッチョ日とも言えます。




なので白丸部分はいつも以上に意識するポイントであり、
125円のゴムチューブが抵抗の力を発揮するのか、
もしくは上に抜けて逆にゴムチューブがサポートの動きに回るのか、
非常に要注目なんですが、今回は抵抗の力が発揮されました。


なのでその下落を確認直後に売りから入れれば最高なのですが、
まだ白丸部分の時点では私はトレード準備段階の時間であり、
その時間にトレードする事はできませんでした。
(トレード開始が黄色の矢印部分)


そのまま値を追いかけるように無理やり売りで入る事もできますが、
それをしてしまうと今までの経験上うまくは行きませんし、
もしそのまま下落し続けるならそれはそれで仕方がありません。




でも今回は、ある程度下落を続けた後、
逆に角度のある上昇が始まります。


そうなると私の頭の中で計算が始まり、
125円から基本損切り値幅20銭を引いた124.80というレートが算出され、
そこまで到達するのかどうか、観察を始めます。


この時はもう”短期的にはある程度下落するだろう”
という頭があるので、20銭のリスクは、
怖くも何とも無い非常に小さなリスクなんです。




そして結局、124.80を超えた部分で即時売り注文を出すわけですが(赤丸部分)、
その後は予想通りある程度の下落が始まります。


しかし、最低利食いラインである白線部分には届かないし、
第2利食いラインである124円にも勿論届かない、
そんな状況が続きます。


チャート的には下値を切り下げる形ですので(水色のライン)、
途中で決済してもいい形ではあるのですが、
いかんせんその場所が中途半端すぎるし、
③の「利食いに対する意識」のほうが勝っていました。


もしこの水色のラインの場所が、
最低利食いラインである白線部分の下でしたら、
そこで決済していたと思います。




最終的に、朝方に白線部分を下回る動きになりましたが、
第2利食いラインである124円には届かず、
その後は逆に上昇する形となり、逆指値HIT。


まあ典型的な
”利の乗ったポジションが結果的に損切り”になったトレードですが、
これが私のトレードですし、こういったトレードが無ければ、
ホームランも打てません。






【ポンド/円 3月30日14時30分頃~今日の朝9時頃までのチャート】


ポンポンぽんどー




では次にこのチャートですが、
既にこのチャートの前に上昇は始まっており、
ピンクのラインは139円のラインになります。


意識すべきポイントとしては色々ありますが、
ダブルゼロでもある直前(3月29日)高値の139円付近、
そして3月17日の139円30銭付近などが挙げられます。




そして昨日のポンド/円は、
上記のユーロ/円とは反対に、
ゴムチューブがサポートの動き(139円・139円30銭付近を守る動き)
になり、尚且つこういったパターンの時のゴムは
途中で切れることが多いんですが、3時間以上も生きています。


ならそのサポートを信じてトレードすればいいだけだし、
こういった高値モミモミ再上昇狙いというのは利幅も限定されがちですが、
損切り幅を考えると、充分に損小利大のトレードと言えます。




最終的にこのトレードは、
2つの利食い想定ライン(白線部分)をあっさり越えましたが、
2つ目の利食い想定ラインを越えたゾーンで”3”回反発した為、
その直後の赤丸の所で決済しました。


これが”高値モミモミ再上昇狙い”のトレードでなければ、
もっと利食いを引っぱっていたと思います。




実際に引っぱっていれば、
更に50万近い利益が上積みできていた訳ですが、
これは結果論ですし、そもそも
私の実力がまだ足りないという事です。












ちょっと今日は今までと少し趣向を変えた解説をしてみましたが、
今日の解説は如何でしたか?




コメント数や、熊とマスオ君のポチポチ数などを見て、
評判が良ければ続けますし、あんまりならもう止めときやす。


私としては頭の中が整理された気分になったので、
書いていて楽しかったですし、
明日以降も色んな事を楽しく書ければなと、
思っておりやすっ!




それでは、
また明日でやすっ!








【トレード結果】





3/29 23:59- ユーロ/円


124.81 新規売 60万通貨


125.09  決済



マイナス18万円


15時15分過ぎに決済。






3/30 18:44- ポンド/円


139.36 新規買 60万通貨


140.13  決済



プラス44万4000円


0時5分過ぎに決済。






3/30 23:11- ユーロ/円


124.73 新規売 60万通貨


124.80  決済



マイナス5万4000円


8時35分過ぎに決済。






熊野郎
 こいつは生意気でドMな男の子ですんで、やっちゃって下さいな。
 私がブログを楽しく書くパワーに、「ぶおっぶおーん!」となりますんで。


人気ブログランキングへ

ますお君
 この子は新入りで、まだ人間性が把握できていませんが、
 変な言葉を遣い、何故かいつもガッツポーズをしています。
 その無邪気な姿勢に免じて、応援してあげて下さいな。


ブログ為替レート

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
私の本音でのFX業者ランキング【2010年03月最新版】はこちら
http://mainasusikouonna.blog34.fc2.com/blog-entry-49.html
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
スポンサーサイト

theme : FX(外国為替証拠金取引)
genre : 株式・投資・マネー

02 | 2010/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

yuminnko

Author:yuminnko
まあまあの大学出て、そのまま証券会社⇒FX専業会社に転職したまあまあの人間でした。

大学時代も準ミスに選ばれたり、会社員時代もチヤホヤされたりすることが多かった。

でももうそんな輝きはどこにやら、現在は完全に頭の中が腐りかけています・・・。

そしてFXは最初40万円(すくねえ)でスタートし約1ヵ月半で300万になりましたが、そこからはロスカットやら自信喪失やらで長い暗黒時代を経験。

その後はなんとか暗黒時代を抜けて、現在は都心の一戸建てが2個買えるくらいですが、
そんな女が毎日グダグダ書く、しょうもないブログがこれです。

私がオススメのFX業者

他のブログでは見ることができない、経験に基づいた私の本音での「業者評価ランキング」です。

(※文字をクリックすれば、
  内容が見れます。)

ベスト5+次点を発表。


総合NO.1
 【 GMOクリック証券 】


 【 SBI FXトレード 】

総合NO.2
 【 外為ジャパン 】


総合NO.3
 【 DMM.com証券 】


 【 FXトレード
   ・フィナンシャル
 】


総合NO.4は
 【 ヒロセ通商 】


総合NO.5は
 【 みんなのFX 】



タイアップ中のFX業者
数多くのタイアップ依頼が実際にありましたが、私が認めたのは以下の6社のみです。

特典が色々付きますが、期間限定のタイアップになります。


【 外為ジャパン 】

<特典>
最新NO.1本
 (1万通貨以上取引)
・キャッシュバック
 (最大1万円)


【 DMM.com証券 】

<特典>
無類実践本(4104円)
・条件達成で1万円


【 FXトレード
   ・フィナンシャル
 】

<特典>
最強高額本(5184円)
・諸々キャッシュバック


【 SBI FXトレード 】

<特典>
・キャッシュバック


【 みんなのFX 】

<特典>
必読オススメ本
・条件を満たした場合、
 最大10,000円


マネーパートナーズ

<特典>
・キャッシュバック


お気に入りに登録して!
カテゴリちゃん
↓ 投票くだちゃい
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。