スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約1ヶ月半ぶりの”あの頃”



よし、いくぞぉー!


おら、東京さ行ぐだー!






月曜日のブログは
やっぱり新しい週の始まりでもあるので気合が入ります。


なので「よし、いくぞぉー!」と叫んでみたのですが、
そのついでに吉幾三さんとかけて見ました。


十代の人とかにはこの連想、
絶対に思いつかないんでしょうね・・・(笑)。






昨日日曜日は、
色んな事が決まった日になりました。


サッカーW杯の優勝国も決まり、
無敵艦隊スペインが本当の意味での無敵艦隊になりましたし、
その反面、無敵”菅”隊だと思われていた党はあっさり惨敗するなど、
様々な項目の結果が決定した日になりました。


そんな日に私は、
決められない女”に振り回される、
そんな1日を送っていました。






当初日曜日は、
メールの整理をするなどしてゆっくり過ごそうと考えていました。


土曜日にFXの反省などやるべき事は全て終えたし、
唯一FXから完全開放されるのは日曜日だけなので、
口からヨダレがこぼれ落ちるほど、気が抜けた1日を送ろうと考えていました。


しかしお昼過ぎに、
その予定は簡単に覆されます。


私の家のインターホンを高橋名人並の連打で押す、
そんな馬鹿やろうに起こされたんです(笑)。




その連打が本当に高橋名人だったら
私は許していたと思いますが(笑)、
その連打をしていたのは皆様の予想通り、
チ○寄せ先輩でした。


私もそんな連打をする奴は1人しかいない事を分かっているので、
最初は無視を決め込むんですが、あっちも一切引く事を知らないようで、
連打vs無視の戦い”がしばらく続きました。


でも結局根負けしたのは、
やっぱり私のほうでしたよ・・・(笑)。




玄関の扉を開けるとチ○寄せ先輩は開口一番、
「今日もブライダルフェアに行くよー」と
ぬかしやがりました。


でも前回のフェアで私は散々めんどくさい思いをしているので
「今日は行かない!」とずっと断っていたのですが、
向こうは”引く事”をやっぱり知りません(笑)。


結局、
「本当は彼と行きたいけど、日本にいないから無理なんだよ・・・。
 日本で一緒に行ってくれるのは、あんただけなんだよ・・・。」

というある意味”泣き落とし戦略”に引っかかる形で、
またしてもブライダルフェアにお供する事となりました。


私は泣き落とし戦略をされると、
分かっていても断れません・・・(笑)。






そして会場だけの見学も含め、
なんと4会場も回るはめになる訳ですが、
先輩らしいいつもの即断即決の姿はどこに行ったのやら、
どの会場でもウダウダ言っていました。


私的にはどの会場で結婚しようが結局は同じようなもんだし、
どこでやっても一緒!という感覚の持ち主なんですが、
当事者はそうではないようで、オプションの有無などを
ずっと細かくチェックされておられました。


周りのカップルを見ても
凄い真剣に話し込んでいる人達ばかりでしたし、
「直感と値段で即決すれば良いのに!」と思うアッサリ女は、
私だけみたいですね。




それにウエディングプランナーの方の説明を聞いていると、
結局「あれこれオプションを付けなければ、まともな結婚式は出来ませんよー」
みたいな感じでしたので、ほんとよく出来た仕組みだなとも思いました。


勿論、結婚式は日柄が良い日に集中するし、
結局土日だけのビジネスともいえるので、
人件費等の運営費を考えると単価を取らなければやっていけないのでしょうが、
当然基本価格に含まれていそうな内容でさえオプション料金になっていて、
そこにある意味の”えげつなさ”を感じました。


なのでここら辺でチ○寄せ先輩に
一言ビシッっとかまして欲しいなと期待し、
担当してくれたプランナーの方の口癖が

「初めての共同作業ですし、
満足するよう出来る事は全てやっておいたほうが良いですよ」


だったので、



 「もう初めての共同作業は充分に堪能してます。

  それに結構満足してるしね。グフフ・・・。」




みたいな感じの、そんな上手い返しを期待していたのですが、
先輩は常に笑みを浮かべながら相手の話に頷いているだけで、
そこに全くシュールさのかけらもありませんでした。




私が知っているあの”野犬のような先輩”は、
どこに行っちゃったんでしょう・・・(笑)。


恋は盲目という言葉がありますが、
これは真実の言葉のようです・・・。


だから去年の時点で私は、
「今年こそは真面目に恋愛しよう!」と思っていましたが、
上記の言葉の真実さを痛感した今、
その思いはもう少し先送りになりそうです。


なのでこのブログのタイトルは、もうしばらく
「他人が嫌いな完全マイナス思考女のFX日記」のままでいそうですし、

「○君が好きな完全恋愛中毒女のラブラブ日記

になる日は、
ひじょーーーーーーに遠そうです(笑)。












ではそんな遠い未来予想はここまでにして、
話題を変えたいと思います。




前回のアンケート結果から考え、今日は

「あの頃私は若かった」

シリーズをお送りしたいと思います。




このシリーズは、
投資を始めた学生時代から今に至るまでの期間をさかのぼって書く、
そんなシリーズになりますが、まだ20代中盤で話が止まっています。


その事が内心ちょっと嬉しい事ではあるのですが(笑)、
実際にはそれから4.5年が経っているわけで、
今現在の時間に一致するまで書き続けなければなりませんし、
毎日書いている日記からどんな”変化”があったのかを確認し、
そういった変化を中心に書いて行きたいと思います。


まだ読んだ事が無い方は全く話が繋がらないと思いますので、
右のカテゴリーから入って先に前回までの分をお読み頂くと、
話がガッチリンコすると思います。











前回の章で、
専業になってから数ヶ月、頭がはげる程もがき続け、
とある日をキッカケに「もう駄目だったらやめてまえー!」という
ある意味”開き直りの心境”になり、


 トレードをする時間枠
 トレードをする時間帯
 手法
 損切りと利食いに対する考え方(勝率に対する考え方)



などを、
自分なりに初めて固定化し始めたという事まで書きました。


”トレード時間以外に、集中する時間を毎日持つ事”
の重要性を初めて心から感じた時期も、この時期です。


今思うと「何で専業になる前にもっと考えなかったの?」
と私の事ながら思いますが、アホなので仕方がないですし、
この時期を経験しなければ、逆に今生き残っていなかったかなと思います。






そして前回、その

 トレードをする時間枠
 トレードをする時間帯
 手法
 損切りと利食いに対する考え方(勝率に対する考え方)


についての変化を書いていったのですが、
今思うとやっぱりⅠⅡⅣをまず固定化させた事が大きかったし、
Ⅲ(手法)をそれに合わせて”調節”し続けた事が、
現在の月単位で負けない組み立ての形に至っているんだと思います。


なので今日は、
その当時の固定化した手法を今までどう微調整してきたか、
その部分をメインに書きたいと思います。






もうこのブログをずっとお読み頂いている方はお分かりの通り、
私はありとあらゆる手法を試して来ました。


・高値安値での逆張り
・レンジ抜け
・教科書通りのパターン遵守トレード
・テクニカル指標が発するシグナル通りのトレード
・ニュースやレポートの予想に乗る



など、本当に馬鹿みたいに色んな事を試してきました。


まあ最後の”ニュースやレポートの予想に乗る”は、
手法とは言えないと思いますけどね・・・(笑)。




この過程の中で、
詳しくは今までのブログに書いた事を参照頂きたいのですが、
普通にやったら普通に負ける”という事に気が付きます。


言い換えると、
気持ち良いトレードは、気持ち悪いほど負ける
という事に気が付くんです。


そこからある意味偏屈女になり、今のような”騙し”と呼んでいるものや、
急騰・暴落の戻しを狙ったようなトレードをし始めるわけなんですが、
この感覚は、もう上記の”固定化し始めた時期”には身に付いていました。


なのである意味専業になってから1年目くらいから
今に至るまで根本的な手法の変化というのは無いのですが、
1つだけ大きく変わった”要素”があります。


それは何を隠そう、
タイミング”です。






このタイミングというのは、

新規注文のタイミングが、それまでに比べて早くなったもの
新規注文のタイミングが、それまでに比べて遅くなったもの


というカテゴリーに分別する事が出来ますが、
私の場合は殆どの手法が②に該当します。


予想に反するかと思いますが、殆どの組み立ては
儲からなかった時期より今のほうが、入るタイミングが”遅い”んです。


それはイコール、捨てているトレードが増えたという事も表していますし、
昔は私もまいど先輩みたいに

「まずは入って(トレードして)みて、様子を見よう!」

タイプだったのですが、

「一度様子見段階を経て、その段階の内容次第でトレードしよう!」

に変わったんです。






これ以上文字で説明するのは限界なのでチャートを出したいと思いますが、
②の”新規注文のタイミングが、それまでに比べて遅くなったもの”の代表が、
下記の2つの組み立てになります。




【パートⅠ】

無謀な逆張りと、実はそうではない逆張り



これは私がよくやる
暴騰もしくは暴落時の逆張りパターンですね。


勿論、
そこに至るまでの””(3段階等)でありその”位置”が重要なので、
(ダブルorトリプル付近なのか、または全体としての位置や売買状況等)
全ての暴騰もしくは暴落でトレードする訳ではありませんが、
もしそんな条件に合致した暴騰もしくは暴落であったとしても、
今と昔では新規注文するタイミングは違うということです。




上記のチャートはあくまでも例ですが、
ピンクラインがダブルゼロライン、
そして市況的にも損切りが続出している、
そんな状況だと仮定したいと思います。


その時、昔だったらもう間違いなく
最初にラインに触れた黄色丸の時点でトレードしていたと思いますし、
その後のチャートは右下がりの形を作った事(黄色ライン部分)、
そんな事は一切気にも留めていないと思います。


しかし今は、
どんなに私的に素晴らしい暴落の形であっても、
右肩上がりが確認出来ない時点では絶対にトレードしませんし、
もし上記のようなチャートの場合、
一度ピンクラインに触れた後に下値を切り下げているので、
トレードの対象外になります。


最悪、「どうしてもトレードしろ!」と言われたなら、
赤丸の時点でトレードすると思いますが、
この黄色丸と赤丸の違いは私的には非常に大きな違いですし、
このトレードの”遅らせ方”というのは、
絶対に必要な遅らせ方なんです。






【パートⅡ】

モミモミと時間の関係




これは私がよく言う”高値モミモミパターン”で、
Ⅰのパターンとの見分け方にはコツがいりますが、
これはⅠの逆張りとは違い、更なる上昇を狙うパターンです。


勿論、このパターンもそこに至るまでの”形”や”位置”、
そして前回の上昇(or下降)の勢いや角度が重要なので、
似たような形でもトレードを避ける事が多いですが、
もしトレードするパターンであっても、
今と昔では入るタイミングが違います。




昔なら特に何も気にせず、
黄色丸の時点で入っていたと思います。


でも今は時間の決め事を設けているので、
モミモミが最低2時間以上継続しないとトレードの対象にはなりません。


【パートⅠ】のパターンを遅らせる理由が””だったとするなら、
この【パートⅡ】は”時間”が遅らせている理由になります。




だから昔とは違い、
今なら2時間経過した2つ目の赤丸ぐらいがトレードのタイミングになりますが、
上記のチャートの場合は下落してからすぐに戻るような動きになっていますので、
もし実際にトレードしていたなら最初の赤丸がトレードポイントになりますし、
実際に私もそこでトレードしています。


もし上記のチャートで、
一瞬大衆に同意する騙しの動き(1つ目の赤丸の、直前の動き)がなければ、
2つ目の赤丸がトレードポイントです。






逆に②の”新規注文のタイミングが、それまでに比べて遅くなったもの”では無く、
①の”新規注文のタイミングが、それまでに比べて早くなったもの”の代表は、
騙し系パターンのトレードだと思います。


騙し系パターンについては、
チャート解説コーナーなどで散々書いて来たのでここでは省きますが、
タイミングが早くなったものの代表は、間違いなく騙し系パターンです。


昔なら本当に騙しなのか時間を使って確認する事が多かったですが、
もう今は形にもよりますが、早さが第一だと思ってインしています。










ちょっと長くなってしまいましたが、
こんな感じで結果が出始めた頃から今まで、
様々な微調整を繰り返してきました。


今日はあくまで新規注文のタイミングに特化しましたが、
資産管理やポジション数量、そして決済注文など、
様々な項目で微調整を繰り返してきています。


その微調整の中でも”成功”と”失敗”があるし、
今日みたいなタイミングについては個々の人によって違いが出てきますが、
共通な事というのは必ずあるものだし、そういう体験談を書く事で
皆様の何かしらのキッカケになればなと思っています。


それにまだまだトレードで失敗を数多く重ねていた時期でもあるので、
次回のこのシリーズでそこら辺も併せて書きたいし、
今日はその当時の私生活について書いていないので、
次回こそは”輝かしい恋愛失敗遍歴”も書く予定なので(笑)、
お楽しみにしていて下さいね。






今週は人間ドッグがあるので
ブログもトレードも休む日が出てしまいますが、
それ以外は元気に楽しくやりたいと思っていますので、


皆様、

今週もヨロピコですっ!









【トレード結果】


ノートレ。


結局先週金曜日は
前日木曜日のレンジ内で上下する形でしたので、
そんな相場に用はありません。


今日は欧州時間に特に強い動きが無ければ、
クロス円の”ダレ”を着々と狙う予定。

ダレを狙っているのは誰?
みたいな相場になれば嬉しいですが、
もしそうならなければ損切りを連続してでも徹底する、
そんな単純な日になりそうです。








PS.


ちなみに本日も熊ちゃんが外出中の為、
恒例の熊ちゃんとマスオ君コーナーはお休みになります。


「このコーナーは、もう書くのがめんどくさいんじゃボケッ!」と、
特に私が思っている訳ではございませんので、
ご了承下さいませ(笑)。


熊野郎
 こいつは生意気でドMな男の子ですんで、やっちゃって下さいな。
 私がブログを楽しく書くパワーに、「ぶおっぶおーん!」となりますんで。


人気ブログランキングへ

マスオ君
 この子は新入りで、まだ人間性が把握できていませんが、
 変な言葉を遣い、何故かいつもガッツポーズをしています。
 その無邪気な姿勢に免じて、応援してあげて下さいな。


ブログ為替レート

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
私の本音でのFX業者ランキング【2010年07月最新版】はこちら
http://mainasusikouonna.blog34.fc2.com/blog-entry-49.html
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
スポンサーサイト

theme : FX(外国為替証拠金取引)
genre : 株式・投資・マネー

06 | 2010/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

yuminnko

Author:yuminnko
まあまあの大学出て、そのまま証券会社⇒FX専業会社に転職したまあまあの人間でした。

大学時代も準ミスに選ばれたり、会社員時代もチヤホヤされたりすることが多かった。

でももうそんな輝きはどこにやら、現在は完全に頭の中が腐りかけています・・・。

そしてFXは最初40万円(すくねえ)でスタートし約1ヵ月半で300万になりましたが、そこからはロスカットやら自信喪失やらで長い暗黒時代を経験。

その後はなんとか暗黒時代を抜けて、現在は都心の一戸建てが2個買えるくらいですが、
そんな女が毎日グダグダ書く、しょうもないブログがこれです。

私がオススメのFX業者

他のブログでは見ることができない、経験に基づいた私の本音での「業者評価ランキング」です。

(※文字をクリックすれば、
  内容が見れます。)

ベスト5+次点を発表。


総合NO.1
 【 GMOクリック証券 】


 【 SBI FXトレード 】

総合NO.2
 【 外為ジャパン 】


総合NO.3
 【 DMM.com証券 】


 【 FXトレード
   ・フィナンシャル
 】


総合NO.4は
 【 ヒロセ通商 】


総合NO.5は
 【 みんなのFX 】



タイアップ中のFX業者
数多くのタイアップ依頼が実際にありましたが、私が認めたのは以下の6社のみです。

特典が色々付きますが、期間限定のタイアップになります。


【 外為ジャパン 】

<特典>
最新NO.1本
 (1万通貨以上取引)
・キャッシュバック
 (最大1万円)


【 DMM.com証券 】

<特典>
無類実践本(4104円)
・条件達成で1万円


【 FXトレード
   ・フィナンシャル
 】

<特典>
最強高額本(5184円)
・諸々キャッシュバック


【 SBI FXトレード 】

<特典>
・キャッシュバック


【 みんなのFX 】

<特典>
必読オススメ本
・条件を満たした場合、
 最大10,000円


マネーパートナーズ

<特典>
・キャッシュバック


お気に入りに登録して!
カテゴリちゃん
↓ 投票くだちゃい
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。