スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約1ヶ月半ぶりの”あの頃”



よし、いくぞぉー!


おら、東京さ行ぐだー!






月曜日のブログは
やっぱり新しい週の始まりでもあるので気合が入ります。


なので「よし、いくぞぉー!」と叫んでみたのですが、
そのついでに吉幾三さんとかけて見ました。


十代の人とかにはこの連想、
絶対に思いつかないんでしょうね・・・(笑)。






昨日日曜日は、
色んな事が決まった日になりました。


サッカーW杯の優勝国も決まり、
無敵艦隊スペインが本当の意味での無敵艦隊になりましたし、
その反面、無敵”菅”隊だと思われていた党はあっさり惨敗するなど、
様々な項目の結果が決定した日になりました。


そんな日に私は、
決められない女”に振り回される、
そんな1日を送っていました。






当初日曜日は、
メールの整理をするなどしてゆっくり過ごそうと考えていました。


土曜日にFXの反省などやるべき事は全て終えたし、
唯一FXから完全開放されるのは日曜日だけなので、
口からヨダレがこぼれ落ちるほど、気が抜けた1日を送ろうと考えていました。


しかしお昼過ぎに、
その予定は簡単に覆されます。


私の家のインターホンを高橋名人並の連打で押す、
そんな馬鹿やろうに起こされたんです(笑)。




その連打が本当に高橋名人だったら
私は許していたと思いますが(笑)、
その連打をしていたのは皆様の予想通り、
チ○寄せ先輩でした。


私もそんな連打をする奴は1人しかいない事を分かっているので、
最初は無視を決め込むんですが、あっちも一切引く事を知らないようで、
連打vs無視の戦い”がしばらく続きました。


でも結局根負けしたのは、
やっぱり私のほうでしたよ・・・(笑)。




玄関の扉を開けるとチ○寄せ先輩は開口一番、
「今日もブライダルフェアに行くよー」と
ぬかしやがりました。


でも前回のフェアで私は散々めんどくさい思いをしているので
「今日は行かない!」とずっと断っていたのですが、
向こうは”引く事”をやっぱり知りません(笑)。


結局、
「本当は彼と行きたいけど、日本にいないから無理なんだよ・・・。
 日本で一緒に行ってくれるのは、あんただけなんだよ・・・。」

というある意味”泣き落とし戦略”に引っかかる形で、
またしてもブライダルフェアにお供する事となりました。


私は泣き落とし戦略をされると、
分かっていても断れません・・・(笑)。






そして会場だけの見学も含め、
なんと4会場も回るはめになる訳ですが、
先輩らしいいつもの即断即決の姿はどこに行ったのやら、
どの会場でもウダウダ言っていました。


私的にはどの会場で結婚しようが結局は同じようなもんだし、
どこでやっても一緒!という感覚の持ち主なんですが、
当事者はそうではないようで、オプションの有無などを
ずっと細かくチェックされておられました。


周りのカップルを見ても
凄い真剣に話し込んでいる人達ばかりでしたし、
「直感と値段で即決すれば良いのに!」と思うアッサリ女は、
私だけみたいですね。




それにウエディングプランナーの方の説明を聞いていると、
結局「あれこれオプションを付けなければ、まともな結婚式は出来ませんよー」
みたいな感じでしたので、ほんとよく出来た仕組みだなとも思いました。


勿論、結婚式は日柄が良い日に集中するし、
結局土日だけのビジネスともいえるので、
人件費等の運営費を考えると単価を取らなければやっていけないのでしょうが、
当然基本価格に含まれていそうな内容でさえオプション料金になっていて、
そこにある意味の”えげつなさ”を感じました。


なのでここら辺でチ○寄せ先輩に
一言ビシッっとかまして欲しいなと期待し、
担当してくれたプランナーの方の口癖が

「初めての共同作業ですし、
満足するよう出来る事は全てやっておいたほうが良いですよ」


だったので、



 「もう初めての共同作業は充分に堪能してます。

  それに結構満足してるしね。グフフ・・・。」




みたいな感じの、そんな上手い返しを期待していたのですが、
先輩は常に笑みを浮かべながら相手の話に頷いているだけで、
そこに全くシュールさのかけらもありませんでした。




私が知っているあの”野犬のような先輩”は、
どこに行っちゃったんでしょう・・・(笑)。


恋は盲目という言葉がありますが、
これは真実の言葉のようです・・・。


だから去年の時点で私は、
「今年こそは真面目に恋愛しよう!」と思っていましたが、
上記の言葉の真実さを痛感した今、
その思いはもう少し先送りになりそうです。


なのでこのブログのタイトルは、もうしばらく
「他人が嫌いな完全マイナス思考女のFX日記」のままでいそうですし、

「○君が好きな完全恋愛中毒女のラブラブ日記

になる日は、
ひじょーーーーーーに遠そうです(笑)。












ではそんな遠い未来予想はここまでにして、
話題を変えたいと思います。




前回のアンケート結果から考え、今日は

「あの頃私は若かった」

シリーズをお送りしたいと思います。




このシリーズは、
投資を始めた学生時代から今に至るまでの期間をさかのぼって書く、
そんなシリーズになりますが、まだ20代中盤で話が止まっています。


その事が内心ちょっと嬉しい事ではあるのですが(笑)、
実際にはそれから4.5年が経っているわけで、
今現在の時間に一致するまで書き続けなければなりませんし、
毎日書いている日記からどんな”変化”があったのかを確認し、
そういった変化を中心に書いて行きたいと思います。


まだ読んだ事が無い方は全く話が繋がらないと思いますので、
右のカテゴリーから入って先に前回までの分をお読み頂くと、
話がガッチリンコすると思います。











前回の章で、
専業になってから数ヶ月、頭がはげる程もがき続け、
とある日をキッカケに「もう駄目だったらやめてまえー!」という
ある意味”開き直りの心境”になり、


 トレードをする時間枠
 トレードをする時間帯
 手法
 損切りと利食いに対する考え方(勝率に対する考え方)



などを、
自分なりに初めて固定化し始めたという事まで書きました。


”トレード時間以外に、集中する時間を毎日持つ事”
の重要性を初めて心から感じた時期も、この時期です。


今思うと「何で専業になる前にもっと考えなかったの?」
と私の事ながら思いますが、アホなので仕方がないですし、
この時期を経験しなければ、逆に今生き残っていなかったかなと思います。






そして前回、その

 トレードをする時間枠
 トレードをする時間帯
 手法
 損切りと利食いに対する考え方(勝率に対する考え方)


についての変化を書いていったのですが、
今思うとやっぱりⅠⅡⅣをまず固定化させた事が大きかったし、
Ⅲ(手法)をそれに合わせて”調節”し続けた事が、
現在の月単位で負けない組み立ての形に至っているんだと思います。


なので今日は、
その当時の固定化した手法を今までどう微調整してきたか、
その部分をメインに書きたいと思います。






もうこのブログをずっとお読み頂いている方はお分かりの通り、
私はありとあらゆる手法を試して来ました。


・高値安値での逆張り
・レンジ抜け
・教科書通りのパターン遵守トレード
・テクニカル指標が発するシグナル通りのトレード
・ニュースやレポートの予想に乗る



など、本当に馬鹿みたいに色んな事を試してきました。


まあ最後の”ニュースやレポートの予想に乗る”は、
手法とは言えないと思いますけどね・・・(笑)。




この過程の中で、
詳しくは今までのブログに書いた事を参照頂きたいのですが、
普通にやったら普通に負ける”という事に気が付きます。


言い換えると、
気持ち良いトレードは、気持ち悪いほど負ける
という事に気が付くんです。


そこからある意味偏屈女になり、今のような”騙し”と呼んでいるものや、
急騰・暴落の戻しを狙ったようなトレードをし始めるわけなんですが、
この感覚は、もう上記の”固定化し始めた時期”には身に付いていました。


なのである意味専業になってから1年目くらいから
今に至るまで根本的な手法の変化というのは無いのですが、
1つだけ大きく変わった”要素”があります。


それは何を隠そう、
タイミング”です。






このタイミングというのは、

新規注文のタイミングが、それまでに比べて早くなったもの
新規注文のタイミングが、それまでに比べて遅くなったもの


というカテゴリーに分別する事が出来ますが、
私の場合は殆どの手法が②に該当します。


予想に反するかと思いますが、殆どの組み立ては
儲からなかった時期より今のほうが、入るタイミングが”遅い”んです。


それはイコール、捨てているトレードが増えたという事も表していますし、
昔は私もまいど先輩みたいに

「まずは入って(トレードして)みて、様子を見よう!」

タイプだったのですが、

「一度様子見段階を経て、その段階の内容次第でトレードしよう!」

に変わったんです。






これ以上文字で説明するのは限界なのでチャートを出したいと思いますが、
②の”新規注文のタイミングが、それまでに比べて遅くなったもの”の代表が、
下記の2つの組み立てになります。




【パートⅠ】

無謀な逆張りと、実はそうではない逆張り



これは私がよくやる
暴騰もしくは暴落時の逆張りパターンですね。


勿論、
そこに至るまでの””(3段階等)でありその”位置”が重要なので、
(ダブルorトリプル付近なのか、または全体としての位置や売買状況等)
全ての暴騰もしくは暴落でトレードする訳ではありませんが、
もしそんな条件に合致した暴騰もしくは暴落であったとしても、
今と昔では新規注文するタイミングは違うということです。




上記のチャートはあくまでも例ですが、
ピンクラインがダブルゼロライン、
そして市況的にも損切りが続出している、
そんな状況だと仮定したいと思います。


その時、昔だったらもう間違いなく
最初にラインに触れた黄色丸の時点でトレードしていたと思いますし、
その後のチャートは右下がりの形を作った事(黄色ライン部分)、
そんな事は一切気にも留めていないと思います。


しかし今は、
どんなに私的に素晴らしい暴落の形であっても、
右肩上がりが確認出来ない時点では絶対にトレードしませんし、
もし上記のようなチャートの場合、
一度ピンクラインに触れた後に下値を切り下げているので、
トレードの対象外になります。


最悪、「どうしてもトレードしろ!」と言われたなら、
赤丸の時点でトレードすると思いますが、
この黄色丸と赤丸の違いは私的には非常に大きな違いですし、
このトレードの”遅らせ方”というのは、
絶対に必要な遅らせ方なんです。






【パートⅡ】

モミモミと時間の関係




これは私がよく言う”高値モミモミパターン”で、
Ⅰのパターンとの見分け方にはコツがいりますが、
これはⅠの逆張りとは違い、更なる上昇を狙うパターンです。


勿論、このパターンもそこに至るまでの”形”や”位置”、
そして前回の上昇(or下降)の勢いや角度が重要なので、
似たような形でもトレードを避ける事が多いですが、
もしトレードするパターンであっても、
今と昔では入るタイミングが違います。




昔なら特に何も気にせず、
黄色丸の時点で入っていたと思います。


でも今は時間の決め事を設けているので、
モミモミが最低2時間以上継続しないとトレードの対象にはなりません。


【パートⅠ】のパターンを遅らせる理由が””だったとするなら、
この【パートⅡ】は”時間”が遅らせている理由になります。




だから昔とは違い、
今なら2時間経過した2つ目の赤丸ぐらいがトレードのタイミングになりますが、
上記のチャートの場合は下落してからすぐに戻るような動きになっていますので、
もし実際にトレードしていたなら最初の赤丸がトレードポイントになりますし、
実際に私もそこでトレードしています。


もし上記のチャートで、
一瞬大衆に同意する騙しの動き(1つ目の赤丸の、直前の動き)がなければ、
2つ目の赤丸がトレードポイントです。






逆に②の”新規注文のタイミングが、それまでに比べて遅くなったもの”では無く、
①の”新規注文のタイミングが、それまでに比べて早くなったもの”の代表は、
騙し系パターンのトレードだと思います。


騙し系パターンについては、
チャート解説コーナーなどで散々書いて来たのでここでは省きますが、
タイミングが早くなったものの代表は、間違いなく騙し系パターンです。


昔なら本当に騙しなのか時間を使って確認する事が多かったですが、
もう今は形にもよりますが、早さが第一だと思ってインしています。










ちょっと長くなってしまいましたが、
こんな感じで結果が出始めた頃から今まで、
様々な微調整を繰り返してきました。


今日はあくまで新規注文のタイミングに特化しましたが、
資産管理やポジション数量、そして決済注文など、
様々な項目で微調整を繰り返してきています。


その微調整の中でも”成功”と”失敗”があるし、
今日みたいなタイミングについては個々の人によって違いが出てきますが、
共通な事というのは必ずあるものだし、そういう体験談を書く事で
皆様の何かしらのキッカケになればなと思っています。


それにまだまだトレードで失敗を数多く重ねていた時期でもあるので、
次回のこのシリーズでそこら辺も併せて書きたいし、
今日はその当時の私生活について書いていないので、
次回こそは”輝かしい恋愛失敗遍歴”も書く予定なので(笑)、
お楽しみにしていて下さいね。






今週は人間ドッグがあるので
ブログもトレードも休む日が出てしまいますが、
それ以外は元気に楽しくやりたいと思っていますので、


皆様、

今週もヨロピコですっ!









【トレード結果】


ノートレ。


結局先週金曜日は
前日木曜日のレンジ内で上下する形でしたので、
そんな相場に用はありません。


今日は欧州時間に特に強い動きが無ければ、
クロス円の”ダレ”を着々と狙う予定。

ダレを狙っているのは誰?
みたいな相場になれば嬉しいですが、
もしそうならなければ損切りを連続してでも徹底する、
そんな単純な日になりそうです。








PS.


ちなみに本日も熊ちゃんが外出中の為、
恒例の熊ちゃんとマスオ君コーナーはお休みになります。


「このコーナーは、もう書くのがめんどくさいんじゃボケッ!」と、
特に私が思っている訳ではございませんので、
ご了承下さいませ(笑)。


熊野郎
 こいつは生意気でドMな男の子ですんで、やっちゃって下さいな。
 私がブログを楽しく書くパワーに、「ぶおっぶおーん!」となりますんで。


人気ブログランキングへ

マスオ君
 この子は新入りで、まだ人間性が把握できていませんが、
 変な言葉を遣い、何故かいつもガッツポーズをしています。
 その無邪気な姿勢に免じて、応援してあげて下さいな。


ブログ為替レート

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
私の本音でのFX業者ランキング【2010年07月最新版】はこちら
http://mainasusikouonna.blog34.fc2.com/blog-entry-49.html
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

theme : FX(外国為替証拠金取引)
genre : 株式・投資・マネー

2010年5月25日(+26日)の取引結果



わひょひょい!








特に”わひょひょい”に意味はありませんが、
先程メールを見て、私テンションが上がっちゃったんです。


メールの差出人はベストフレンドであるチ○寄せ先輩で、
内容は今週末に開かれる”チ○寄せが愛する人を友人にお披露目する会
についてのだったのですが、私もいよいよ実物に会えるんだと考えると
なんかドキドキするしテンションが上がってしまいます。


チ○を寄せている人間がどんな人間を愛するのか、
もしくはチ○を寄せる癖がある女性を愛するのはどんな男性なのか、
やっぱり興味津々ですよ(笑)。


それにお相手の男性は日本人では無く外国人ですので、
更に興味が沸くのは言うまでもありません。






以前ブログにちょくちょく書いたと思いますが、
先輩はトルコ人との愛を順調に深めています。


私達友人仲間は、
内心一時的な”ポワ~~ン”で終わるかなと予想していましたが、
そんな予想は完全に覆され今もラブラブ状態みたいで、
なんか最近先輩は完全に女になっています(笑)。


会う時はいつも鉄仮面みたいな顔をしていたくせに
最近は妙にほがらかだし、
メールの文章も今までは短くてそっけないものばかりだったのに、
なんか語尾に「ね~」とか気持ち悪い乙女用語を使うようになったし、
本当に笑ってしまうほど先輩は変化しています。


なんかその変化に一抹の寂しさを感じますが、
でも鉄仮面よりは笑顔のほうがいいに決まっているし
世の為にもなると思うので(笑)、
このまま幸せな状態を継続して欲しいなーと思います。






でもほんと、
どんなトルコ人なんでしょうかね。


写真では見た事はあるのですが、
もし日本人だったらその写真の雰囲気である程度は分かるものの、
今回は全くの未知数です。


日本語は殆ど分からないみたいだし、
そもそもトルコ語を少し理解しているのは先輩だけなので、
どうやって会話を成立させるんでしょうね。


先輩いわく
「絵とジェスチャーは世界共通だから、それで充分!」という事で、
実際に私も絵を描く為にスケッチブックを持参するのですが、
レストランで絵を描きながら交流を深めている団体、
なんか傍目から見たらシュール過ぎませんか?(笑)


まあでもお相手の事を沢山知りたいし、
頑張ってジェスチャーと絵描きに没頭したいと思います。






そして友人でプレゼントを買おうとも思っているのですが、
日本人なら喜ぶものはある程度想像できるものの、
今回のトルコメンズは何を買えば喜ぶのかもさっぱり分からないし、
トルコアイスとかギャグで買っていっても、
そのギャグは通用しなさそうですよね(笑)。


なのでコッテコテの日本名産品を買おうと思っているのですが、
もし読者様の中で外国人の友人が多かったり
トルコ人にゆかりのある人がいらっしゃったら、
どんなものが喜ぶのか、是非お教え下さい






「やっぱりトルコ人には”うまい棒”でしょ!」

みたいなそんなギャグ系コメントは、
”今回は”特に不要でございますので、
宜しくお願い致します(笑)。












さあっ、
皆様からのナイス土産アドバイスは楽しみにしておくとして、
今日は久々の

「あの頃私は若かった」

シリーズをお送りしたいと思います。


このシリーズはちょっと時間が空いてしまいましたので
まだご存知ではない方に説明させて頂くと、
過去の私の日記帳から記憶を思い出し、

失敗を続けたFX遍歴、そして駄目男遍歴

を楽しく書く、
そんな悲しいコーナーになります(笑)。






また、
今振り返ると”何故あの時は駄目だったのか”とか、
何が私に変化を及ぼしたのか”などを
正直に客観的に書いていますので、
私と同じ失敗をしないよう、興味がある方は読んでみて下さいね。


それに他人の不幸は蜜の味じゃないですが、
そういう観点で読んでも楽しめると思います(笑)。










前回、
”決断をした日”の失敗により、
ある意味開き直りの心境になった事まで書きました。


その時の心境は、

「相場は根本的にわからないんだから、
 トレード前に変なバイアスを持つ事や
 ころころ色んな手法を際限なく行う事は止めて、
 自分の形というものを決めてしまおう。

 それで駄目なら駄目でしょうがない!」


というもので、その考えを基に


 トレードをする時間枠
 トレードをする時間帯
 手法
 損切りと利食いに対する考え方(勝率に対する考え方)



などを固定する作業に入り、
自分の形”というものを始めて作り始めます。




だからこの時期というのは、
今思えばトレーダーとして一番貴重で重要な時期だったと言えますが、
その当時私は”ヤクルト馬鹿”の男性と付き合っていたので、
結構色んな意味で濃厚な日々を送っていました。


その男性は普段は全く生気を感じず、
「あんた息してる?」と思えるような人間なんですが、
野球のヤクルトスワローズの事だけになると目をときめかす、
そんな変てこな男性でしたが、私はすごく愛していましたし、
一日の大半をトレードに費やしながらも彼とちょくちょく会う、
そんな生活を送っていました。




なので今以上のハードな毎日を過ごしていたし、
日曜日なんかも関東でヤクルトの試合がある時は、
夕方までFXの事を考え、それから彼と野球を観戦しに行き、
ヤクルトスワローズ恒例の傘をブンブン振り回すという、
なんとも元気な週末を送っていました(笑)。


それに当時の手帳を読み返して笑ってしまったのですが、
FXのトレード結果のところに、
何故かヤクルトの試合結果が書かれており、
そういう意味でも毎日FXとヤクルトに没頭していた、
そんな時期でした。


結局その彼とは、
あまりにもヤクルト一直線過ぎて将来が怖くなり、別れてしまいましたが、
野球観戦でストレスを発散できてその分FXに集中する事が出来たし、
今思えばすごく良い時期だったなと感じます。






そんな毎日を送っていたのですが、
手帳の収支欄を見るとその時期に大きな変化があった事も明確に分かります。


専業になるまではコツコツ儲かってドカンとやられる、
そして専業になってから7ヶ月頃まではほぼトントン、
そんな状態が続いていたのですが、
この時期からとにかく損失額と利益額の割合が変わったし、
勝率が下がっているのにトータルでは何故か勝てる、
そんな時期が今まで続く事になります。






でもそれまでと変えた事というのは、
前述したようにたったこれだけになります。


 トレードをする時間枠
 トレードをする時間帯
 手法
 損切りと利食いに対する考え方(勝率に対する考え方)



個別に簡単に説明すると、
はそれまでスキャ・デイトレ・スイングなど
ぐっちゃ混ぜにしていたのをデイトレに固定した事、
はどの時間帯でもトレードをしていたのをNYメインに絞った事、
は大半が教科書通りの純粋トレードだったものを偏屈トレードに変えた事、
そしては勝率をある意味捨て利益を伸ばす事にこだわった事、
ただそれだけになります。




でも今改めて考えると、
私にとって一番大きかったのはⅠとⅡの変化であり固定だと思うし、
もしⅠとⅡの”時間”固定せず、
東京時間でも欧州時間でもスキャ・デイトレ・スイングを乱れ打ちさせていたら、
ⅢとⅣの変化は意味をなさなかったと思います。


Ⅲを今までブログに色々書いてきた偏屈手法に変えても、
これは欧州中盤~NYメインだからこそ生きる手法であると思うし、
Ⅳで利益を出来るだけ伸ばそうという概念を固定したとしても、
東京時間ではやはり限界があります。


その面で私は、
何故かⅠ~Ⅳのバランスが結果としてとれていたので、
ぶっちゃけ単に運が良かっただけだと思っていますが、
このバランスというのは非常に重要な要素です。


是非皆様もⅠ~Ⅳのバランスが取れているか、
はたまたフラフラせず固定すべき概念があるのではないか、
一度振り返ってみて頂ければなーと思います。






そして時間を固定した事で、反省や模索など
”トレード外の時間が多く取れるようになった”というのも、
今思えば非常に大きな変化でした。


それまでは起きてから、
そのままフラッ~とトレードを開始する事が殆どでしたし、
寝る限界までトレードしていたので、
本格的な反省は週末に纏めてやる事が殆どでした。


でもそうなると、
特に私は忘れやすい人間ですので、
そのトレードした日に持った感覚や直感というのは、
忘れてしまうんですよ。


勿論メモは取っていたのですが、
その日に振り返らないと本質は分からないし、
修正項目の改善スピードも、その当時は非常に遅かった。




でも今なら改善すべき点はその日に改善してしまうし、
その継続がやっぱり今の収支に繋がっているんだと思います。


かなり前に読んだ本の中に、


最初はどのトレーダーの行動にも、
 差は無い。

 しかし時間が経過するにつれトレード中の行動に差が出るのは、
 それはトレード中の行動では無く、
 トレード時間以外の行動と時間の使い方に差があるからだ。



というような言葉がありましたが、まさにその通りだと思いますし、
トレード時間だけでFXを全て完結している人がもしいて、
尚且つ上記の言葉で”感じるもの”があるのなら、
トレード以上に集中する時間を毎日持つ事
を考えてみて下さいね。


それは結局、
Ⅲの手法の考え方を固定したり、
深みを得る事にも繋がりますので。






そして定期的に「FXうまくいかないよ~」
というコメントを頂きますが、


”もうこれで駄目だったら

 FXやめてやる!”



という考えに至るまで、
まずはとことん自分のうまくいかなかったトレードを
振り返ってみて下さい。


もうそこまで本気になれるなら、
どうすればいいかという答えは発見できますし、
その発見がいかに”しょぼい”と感じようが、
その発見がお金を稼ぐ手段になります。


稼げないトレーダーから稼げるトレーダーになる
そんな”キッカケ”なんて、
想像以上にしょぼいものですよ。












今日はいつも以上にアッチャコッチャ話が飛んでしまいましたが、
ちょっと大局論に終始している部分があるかなと思うので、
次回はその当時に行っていた手法から現在の手法に至るまでの
手法遍歴など細かい部分を、
手帳の言葉と共に振り返りたいと思います。


はっきり言って、今日書いた”キッカケの時期”から
今に至るまで手法の大枠は殆ど変わっていませんが、
細かい点を見るとちょいちょい修正してきていますので、
そこらへんを男性遍歴などと合わせ(笑)、
書いて行きたいと思います。




お楽しみにー!








【トレード結果】




5/25 19:55- ユーロ/円

109.06 新規買 70万通貨

108.82  決済


マイナス18万2000円

20時15分過ぎに決済。


いつもやるダブルゼロの逆張り。

しかし、あっさりすっとり下値を割ったので、
すっきり損切り。





5/26 2:31- ユーロ/円

110.19 新規買 70万通貨

111.27  決済


プラス74万2000円

9時10分前に決済。


20時~1時の上昇後、
あの位置でモミモミするなら短期でもう一丁の上昇が狙えるし、
普通に考えるなら一時的な戻り(押し目)ですが、
もしそうならあの位置でモミモミしないし
昨日のチャートの形は形成しない。

更にトレンドラインの存在もあったし、
5分足でも10分足でも良いので
昨日20時以降のユーロ/円にラインを引いて頂ければ一目瞭然ですが、
もし下落しても110円付近で何かしらサポートがあるのでは?
という想像もあったので、あっさりインしました。

その後はトレンドラインの上線に沿った動きになり、
時間も時間だったのでトレンドライン下線+直前安値を割った所で決済。



ポンド/円なんかも狙っていましたが、
なーんか昨日のチャートに私は”ズレ”を感じたので自粛しました。

でも改めて見るとその”ズレ”は私の大きな勘違いで、
チャートを見るともったいない事をしたかなと言うか、
「買いで入れたよね、おい私!」と説教してやりたい気分です。

昔の彼がカツラを着用していたので、
私は街中でその”ズレ”からカツラの人を発見するのが得意なんですが、
FXにおいての、感覚の”ズレ”に関しては、
まだまだ勉強が必要です・・・。



熊野郎
 こいつは生意気でドMな男の子ですんで、やっちゃって下さいな。
 私がブログを楽しく書くパワーに、「ぶおっぶおーん!」となりますんで。


人気ブログランキングへ

マスオ君
 この子は新入りで、まだ人間性が把握できていませんが、
 変な言葉を遣い、何故かいつもガッツポーズをしています。
 その無邪気な姿勢に免じて、応援してあげて下さいな。


ブログ為替レート

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
私の本音でのFX業者ランキング【2010年05月最新版】はこちら
http://mainasusikouonna.blog34.fc2.com/blog-entry-49.html
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

theme : FX(外国為替証拠金取引)
genre : 株式・投資・マネー

2010年3月17日(+18日)の取引結果



検査の結果ですが・・・・・、
        
 花粉症 ですね。









お医者様が”検査の結果ですが”と言った言葉の後に
少し間があったので、すんごいドキドキしてしまいましたが、
結局花粉症でした。


人様と比べてあんまり外に出ないし、
花粉症と私は”無縁”だと思っていましたが、
見事に”ご縁”があったようです・・・。


もうちょっとましな”ご縁”は、
無いんでしょうかね・・・(笑)。




目が最近いつも以上にショボショボしていたのも、
モニターの見過ぎでは無く花粉症の影響みたいですし、
全身のだるさも、その影響のようです。


花粉症になったのは少しショックですが、
でもここ最近の異変の原因が明確に分かったし、
もしインフルエンザとかだったら来週の結婚式には行けないので、
その部分では安心しました。


複数頂いた薬を試したら症状も緩和し、
今はだいぶ楽になりましたので、
結婚式には元気に出席できそうです。






来週、
昔からの悪友の1人であるTちゃんが、
遂に嫁に行きます。


恋愛話や結婚話をする度にいつも彼女は、

「結婚なんてあんまり興味ないし、
 いつまでも自由でいたいし、
 結婚するのは私が一番最後だよ」


と言っていましたが、
その”一番最後”の約束をあっさり破棄し、
嫁に行きやがります(笑)。


まあでも、彼女とは何でもさらけ出して来た仲ですので、
嫁に行ってあいつが幸せになる事は、何よりも嬉しい事です。






これで”最後まで結婚できないのは誰だレース”の本命は、
私とチ○寄せ先輩に絞られました(笑)。


でもチ○寄せ先輩もトルコで色々あったので、
ディープインパクト並の大本命は私に間違いありません。


昔は”誰よりも先に結婚するだろう予想”の大本命だったのに、
いつのまにか完全に取り残されている訳ですが、
こんな事になった理由は、何なんでしょうかね・・・。




まあ考えるまでもなく、
理由は「株男」「ミスターFX」との出会いでしょう(笑)。


でもこの出会いが無ければ、今のような充実感は無かったかもしれないし、
自分の本来の目標にも近づく事が出来なかったと思うし、
何とも人生は難しいものです。


しばらくは結婚できないレースの本命馬として、
バリバリ走り続けたいと思います(笑)。












では今日は、昨日に書く予定が完全に忘れていた

「あの頃私は若かった」

シリーズの続編を書きたいと思います。




毎日ブログを書いていると、
何をどこまで書いたのかを忘れてくるし、
コメントで指摘されて「よし、明日書こう!」と思っていても、
明日になったら忘れて他の事を書いている自分がいます。


なので定期的に書いた事を見返さなければいけないのですが、
なんか自分が書いたものを改めて読み返すのは、
何とも恥ずかしいものなんです。


書いている時はめっちゃ楽しくても、
冷静に読み返すと「おいおい・・・」と言いたくなると思うし、
たぶん赤面するんでしょうね(笑)。




「あの頃私は若かったシリーズ」に関しては、
投資を始めた理由や数々の失敗、そして長い下積み生活から
専業を開始するまでの事などを書いてきました。


そして前回は、
専業になってから収支に伸び悩む月が続き、
ある決断をした日の状況を書きました。


決断という言葉を使うのは大げさだと思うし、
その決断は当日の収支にはプラスに働きませんでしたが、
結局その日に感じた気持ちというのは、
今に至る過程の根本を形成しました。


今日はその日からどういう行動を行い、
そしてどう思考を変えたのか、
そこら辺について書きたいと思います。




まだお読みになった事が無い方は、
右のカテゴリーから入って以前のをお読み頂ければ、
話が繋がると思います。










決断をした日の失敗により、
私はある意味開き直りの心境になります。




「相場は根本的にわからないんだから、
 トレード前に変なバイアスを持つ事や
 ころころ色んな手法を際限なく行う事は止めて、
 自分の形というものを決めてしまおう。

 それで駄目なら駄目でしょうがない!」



このような気持ちだったと思います。




お恥ずかしい話、
その頃はスキャ・デイトレ・スイングなどありとあらゆる時間枠で
トレードしていましたし、その時の状況というか私の勝手な感覚で、
時間枠も適当にトレードしていました。


それに土日に関してはシステムトレードの勉強もしていましたし、
もう軸もへったくれも何も無い状況でした。




そしてその頃のもう1つの特徴としては、
トレード前に各通貨ペアの売買区分を、完全に決めていました。


「ポンド/円は今日は買い!」
みたいに自分の中のバイアスで固定していましたし、
なかなかその固定観念が数日間抜けなかったものです。


今はトレード前チェックは、
強い支持線や抵抗線を探す行為であり、
大局の方向性とここ最近の流れを”感じる”、
ただそれだけの軽い認識に変わっています。






トレードの時間枠の決定に関しては、
まずは今までのトレード内容を振り返ることから始めました。


その当時、トレード日記は全て必ず付けていたものの、
その全体を改めて振り返るという習慣は無かったので、
本などにまずは頼らず、その前に”駄目な自分の行動”
を見てみようと思ったんです。


その時に集計した内容が今でも残っていますが、
「時間」に関して明確な発見が複数あり、
それはごくごく単純な内容でもありました。




ポジション所有時間で分類すると、
 スキャ・デイトレ・スイング(2.3日)に分類されるが、
 回数はスキャが一番多いものの収支は最低、
 スイングに関してはそこまで収支は悪くないものの、
 デイトレの範囲で終わらせたトレードの平均収支と比較すると、
 遠く及ばない






資金効率から中長期のトレードは全く頭には無かったので、
上記の3つに分類されるのは当たり前の事なんですが、
ここまで明確に保有時間で差がつくとは思っていませんでした。

スキャを完全に捨て、デイトレをメインにした事は言うまでもありませんし、
それはイコール、スキャで行っていた手法を全て捨てる事となります。

まあ、スキャで上手くいってなかったんですから、
もっと早く捨てるべきなんですけどね・・・。
 



トレードをした時間帯を分別すると、
 欧州時間とNY時間が重なる時間帯に新規注文したトレードが、
 ダントツで収支が良い。

 日本時間から欧州時間開始直後に行ったトレードは、
 収支が悪い。






何でこんな事に気付かなかったのか自分のアホさ加減に吐き気がしますが、
私はこの頃、睡眠3時間で充分という特性を生かし、
ありとあらゆる時間帯にトレードをしていました。


眠くなったら3時間寝て、起きたらトレードする、
そんな完全なトレード中毒の状態でした。


止まる事を知らなかったし、
結局この集計を知った時から、時間帯を固定する事にしたし、
無意味に今の時間帯を選んでいるとお考えの方も多いと思いますが、
ちゃんと意味はあるんです。


そして時間を固定したお陰で、
土日以外に客観的に今のトレードを判断する、
その時間が出来たとも言えます。






こんな簡単な事で私は”時間”の概念を決めてしまい、
今まで来てしまったのですが、
”時間を決めた事”と言うよりは、
捨てる事ができた事”の方がメリットが大きかったのでしょう。


あのままトレードすべき時間帯も決めず、
起きたら早速スキャもしてスイングもしているような状況では、
今のような状況にはなっていなかったと思います。






そして今度は、
手法をどうするかという問題になります。


今冷静に考えると、
その時期は完全に頭でっかちの状態だったと思います。


株やFX関連の本は殆ど全て読んだし、
手法やテクニック、そして心理からマネーマネジメントなど、
バカみたいに知識だけは豊富でした。


だから良い意味でも悪い意味でも「常識的な頭」になっていたと思うし、
あれもこれもという感じで何にでも手をつけていたので、
手法の軸もあるようで全く無い状態だったと言えます。






この状態を解決するキッカケなったのは、
これまた「トレード日記」でした。


トレードした内容は
文字と併せてチャート画像をプリントアウトしていましたので、
それはもう結構な量になっていましたし、
今なんかはそのトレード日記の束を足に落としたとしたら、
複雑骨折は間違いありません(笑)。




そんなトレード日記の振り返りの中で、

その当時によく行っていた手法は、
 いつも同じような所で結構な確率で損切りになる事

違和感を感じるようなトレードのほうが上手く行っている事

私が損切りした場所から反転する事が、
 結構な確率で多かった事


みたいな項目を、私は発見します。




この項目はその当時も感覚では感じていましたが、
改めて実感したというか気付かされましたし、
この気付きというのが今にも繋がっています。


私が”高値(安値)モミモミ再上昇(再下落狙い)”
と表現しているのも②の気付きからですし、
「かなり上昇してそこでもみ合っていたら少しは下落よな~」
というのが普通の感覚ですし、それがその当時の私の感覚でもありましたが、
トレード日記の結果はそうではありませんでした。




そして①と③の文章で共通している言葉は、
「損切り」という言葉です。


その当時も今と同じように損切りの重要性は理解していましたが、
あくまでも”損切り額の大小”や”損切りの早さ”だけに注目が行き、
「損切りしたポイントで何故新規注文ができなかったのか」
という考えに至るまでには行きませんでした。


なので、そこから損切りしたポイントというものに
違った角度から注目するようになりましたし、
王道のチャートパターンでのトレードが多く、
そして損切りに至る事が多かった私が、
今のような”ダマシパターン”に注目するようになりました。


シュワッガー様の本に書かれていた内容が、
初めて結果から確信できた時とも言えます。


また、デモで今まで通りの手法で注文して、
損切りになる時点でリアルで注文するという、
今思えば非常に恐ろしい、そんな事も試していましたが、
その方が結果が良かったし、いかに今までの私は
普通で大衆的なトレーダーだったのか気付かされたものです。








結局、最高の教科書は自分であり、
そして「負けトレード」なんだと思います。


投資本や様々な媒体から学ぶだけ学んだら、
あとは「負けトレード」が何よりモノ題材になるし、
そしてそこから身に付けた知識を徐々に捨てて行く事、
これが私の経験から言える言葉です。




勿論最初は日記に書けるトレード数や量も限られているので、
そんな視点は持てないし知識も限られています。


だからまずはまずはありとあらゆる知識を吸収し、
その知識を生かし、最小単位でのトレードを続けてみて下さい。


それを続けて溜まった「負けトレードの経験」というのは、
上手く生かせば何よりもの強い材料になりますし、
書籍等で身に付けた表面上の知識とは全く異なるものです。


投資において最強の教材であり教師というのは、
間違いなく自分自身です。










次回は今日書いた段階から更にどう発展させたか、
そしてその頃にしていた数々の駄目恋愛っぷりについて、
楽しく書いて行きたいと思います(笑)。


今日から次回に書くまで時間が空くと、
今日書いた事を忘れてしまうと思いますので、
間隔が空き過ぎたら、一言声をかけて下さいね。




また、
来週月曜日は前述した結婚式があり、
式だけですの夕方には帰宅しトレードは出来ますが、
ブログを書けるかは微妙ですので、替わりに明日土曜日、
お約束の「質問シリーズ」を書きたいと思います。


なので明日時間がある時にでも、
ブログをチェケラッチョしてみて下さいね。






それでは
また明日土曜日にお会いしましょう。




バイナラホイッ!








【トレード結果】


《※ 昨日書き忘れた分》



3/17 23:12- 豪ドル/円

83.55 新規買 70万通貨

83.41  決済



マイナス11万9000円


0時10分前に決済。




3/18 3:23- ポンド/円

138.31 新規買 60万通貨

138.13  決済



マイナス12万円


4時20分前に決済。


《※今日の分》



3/18 22:03- 米ドル/円

90.30 新規買 70万通貨


90.21  決済



マイナス7万円


2時10分に決済。


18時~19時+21時30分の指標後の動きを見てイン。

その後は順調に上昇し利益を伸ばすが、
あっという間に急落し損切りに。

最近の流れを見ると、こんなもんですし、
納得の損切りです。



昔でしたら、
”3連敗=50万以上の損失確定”という状況でしたが、
上手くまとめる事ができています。

大きな利益を狙うとかそんな確率に左右される事より、
できる事をしっかり継続していきたい、
今はそれだけです。








   「おいyuminnko、
     いきなり花粉症になったんだって?」






me  「そうなのよ。     
     私が一番ビックリしたよ。

     突然花粉症になる可能性は、誰にでもあるんだって。」






   「えっ、まじで!

     俺様も花粉症にならないか、心配だよ・・・。

     頼むから、
     空気清浄機を3台くらい買ってくんない?」






・・・






どんだけ甘ったれた熊なんだよ・・・。




もうそろそろ野生に戻って、
花粉を沢山あびて来なさいよ・・・。


熊野郎
 こいつは生意気でドMな男の子ですんで、やっちゃって下さいな。
 私がブログを楽しく書くパワーに、「ぶおっぶおーん!」となりますんで。


人気ブログランキングへ

ますお君
 この子は新入りで、まだ人間性が把握できていませんが、
 変な言葉を遣い、何故かいつもガッツポーズをしています。
 その無邪気な姿勢に免じて、応援してあげて下さいな。


ブログ為替レート

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
私の本音でのFX業者ランキング【2010年03月最新版】はこちら
http://mainasusikouonna.blog34.fc2.com/blog-entry-49.html
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

theme : FX(外国為替証拠金取引)
genre : 株式・投資・マネー

2010年2月24日の取引結果



ただいま帰ったぞー。



1つ報告なんだけど、
私の生きる道が分かったよ。



ウフフフフ。









昨日は結局ブログを書いてから3時間ほど睡眠し、
レートを確認した後にメールも併せて確認したのですが、
上記のような何とも気持ち悪いメールが届いていました。


このメールの差出人、
久々の登場になりますが○チ寄せ先輩です。


残念ながら私の一番の大親友でもある、
あの御方です。


やっと海外から帰ってきたようなのですが、
何か大きなモノを掴んできたようですので、
今日はその”大きなモノ”について書きたいと思います。






彼女は年に2.3回、
海外へ出張に出掛けます。


勤めている会社というのは誰もが知る大企業で
世界各国に支社が散らばっていますので、
ほんとまあよく色んな国に出掛けています。


でも今更なんですが、この大企業、
よく先輩のような”ヤカラ”を役員として雇用しているというか、
もっとマトモな人がいるだろうよといつも思います。


仕事は凄いできるにしても、
通勤車が黒塗りヤク○ベンツ、目にはでっかいサングラス、
体には原色のミニワンピースというのが基本で
会社でもそれを通しているようですが、
ほんと器が大きい企業だなといつも思います。


株で空売りを仕掛けようかなと、
心底検討したぐらいです(笑)。






まあそれはいいとして、彼女はいつも出発前と日本到着後にメールをくれるのですが、
いつもは日本に到着した時なんかは、「あー、疲れだぞ!」とか、
前回ドイツに行った時なんかは「味噌汁飲みてーぞー」みたいな
感じだったと思いますが、今回は「生きる道が分かった」という文字で
メールが始まっていました。


最初私は、何かすごく面白い趣味を見つけたのかな?とか、
素晴らしい海外企業と出会い転職するのかな?とか思ったのですが、
メールを読み進めていくと、そんな事では全く無いのがすぐにわかりました。




メールの中盤、
こんな文字が躍っていました。



「やっべえ私、
 トルコ人にモテまくった・・・。


 仕事で出会う人出会う人に求愛されるわ、
 食事に誘われて真剣に愛を囁かれるわ、
 ほんとビックリするほどモテまくったわ。


 私は日本で生きるべきでは無く、
 トルコで生きるべきなんだよ。


 あんた今度、一緒にトルコ連れてくわ。」







・・・






今度は私、
トルコに拉致されるようです・・・(笑)。








そしてそんな求愛された証拠をワザワザ示すかのように、
何とも生臭い写真が添付されていたわけですが、
見るとなかなかのイケメン揃いで、
いかにも先輩が好きそうな顔立ちをしている人ばかり・・・。


まあそんなイケメン達に、
「もう少しじっくり人生を考えた方がいいよ・・・」
と心の底から伝えたい気持ちではあるのですが、
先輩の心底楽しそうな顔と文章を見ると何とも微笑ましいし、
こりゃ国際恋愛から国際結婚への発展もありえるのかなと直感で感じています。


早速来月、
有給を使ってまたトルコに行くようですし・・・。




でもまさか、海外にそんな生きる道があったなんて想像もつきませんし、
もし本当に先輩がトルコ人と結婚したとしたら、私が家に遊びに行った時、
そこに旦那としてトルコ人がいる事になるんですよ・・・。


想像するだけでもなんか笑えてきますが、
でも女性は愛する人より愛してくれる人と結婚するのが一番幸せだと
私は思っていますので、この話がちゃんと発展してくれる事を祈るばかりです。


もし騙されたとしても、ある程度そういった部分は彼女も理解していますし、
先輩は立ち直りがすごく早いのでそこらへんは心配していませんが、
その愚痴は1ヶ月ほど続きますし、その愚痴を聞くのは全て私ですので、
そういう意味でもトルコ人とのラブラブが上手くいって欲しいなと願うばかりですね(笑)。






この話、
続きがあればまた書く予定です。


皆様も是非、
トルコとジャパンの国境を越えた恋愛が上手くいく事を、
ほんのちょっぴり願って頂ければ幸いです。


私もトルコアイスを食べながら、
愛の成就を願いますので(笑)。












では今日は
普段より1時間ほど多く寝て頭もスッキリしていますので、


「あの頃私は若かったシリーズ 


 パート10」



をお送りしようかなと思います。




遂にこのシリーズも2桁を達成し、
「よくここまで続けてきたな~」という気持ちがありますが、
それと同時に「何で私、こんな事を書いているんだろうな?」
という気持ちもあるのが正直な所です。


でも同じような境遇の方もいるでしょうし、
これから同じような境遇に出会う人もいるでしょうから、
その時に何かしらの参考というか、反面教師的な部分を
感じて頂ければなと思っています。






では今日は、
その当時の日記手帳を引っ張り出して来ましたので、
その手帳を基に書き進めようかなと思います。


まだ前回のシリーズを読んでない方は、
右のカテゴリーから先に読んで頂くと、
話がフィットすると思うので宜しければどうぞ。


じゃあ、スタートーーーーー!










まあ今思えばアホみたいなロスカットをまた経験し、
専業生活を始めてから約半年、勉強にあけくれながらも
収支が伸びない月が続いていた所まで前回書きました。




その当時の日記を見ると、
専業になった喜びと、専業になった後悔が入り乱れており、
心境の面でもアンバランスな日々が続いていたと思います。


そしてそれまで生きてきた経験から、
投資の世界も努力さえすれば全て完璧にこなす事ができる、
そして収入の面でも安定させる事ができると、
考えていた事が日記の内容からも明らかです。


受験も期末テストも部活もゲームも、
時間を使って努力すれば結果が出てきた、
だからそう考えていたのだと思います。






そんな中、
私は1つの決断をします。


その頃も今と同じように毎日トレードをしていましたが、
「結果が芳しくないのは自分の情報収集や分析が甘いからだ」
とずっと感じていたので、水曜日のトレードは完全に休み、
木曜日に備えて自分にできる最大限の準備を今一度してみようと、
決心します。


その水曜日の日記には、
こんな感じの事が書かれていました(実際はもっと言葉が汚い(笑))。




「やれるべき事はやった。

 ニュースやレポート、全てのテクニカルチェックなど、
 今までの中で一番相場を分析できた。

 ここまでやれば、自信を持って明日に望めるし、
 結果は間違いなく付いてくるはず。」







この日記からも分かるように、
絶対の自信を持って木曜日に臨んだと思います。


ここまでやれば、必ず結果が出るし、
出るのは当たり前という感覚だったと思います。






そして遂にその木曜日を迎えるわけですが、
先に結果を言うと5戦5敗でした。


はっきり言うと、完敗ってやつですね。


全てのテクニカルをその当時できる限り分析したし、
分析レポートやニュース関連も全部読んで自分なりの分析をしたし、
多分時間で言えば20時間くらいぶっ続けで考えていたと思います。


でも全敗(笑)。






今だからこそ笑い話となりますが、
その当時のショックといったら、考えられない大きさだったと思います。


その証拠に、木曜日の日は日記が書かれていませんし、
金曜日も「トレードできず」と一言しか書かれていません。


小学生高学年から必ず書き続けてきた日記、
全く何も書かない日というのは、その木曜日が初でした。






多分土曜日もこれからの人生について考えていたと思いますし、
専業を辞めて再就職をする事も考えていたと思います。


でも日曜日の日記には、こう書かれていました。
(実際の言葉は汚すぎるので、少しキレイに装飾してあります(笑)。)




「もうFXはわからない。

 多分いつまでたっても分からないし、
 完璧なんて無理!

 だからもうやれるだけやって、
 失敗したら夜の商売でもどんな仕事でもいいから
 がむしゃらに働けばいいじゃんか。

 でも、努力しなかった事を後悔だけはしたくないし、
 資産が0になった時に「よし満足!」と言えれば、
 それでいいじゃん!」









簡単に言うと、
開き直り”ってやつですね(笑)。


恋愛とか普段の生活における出来事に関しては
かなりマイナス思考の私ですが、仕事とかに関しては、
”開き直り”というワザは、私の得意技でもあります。


でもこの時の”開き直り”というか、上記の木曜日の出来事は、
私のトレーダー人生において大きな節目となった日でした。






それまではハッキリ言うと、
私は相場に対して”謙虚”では無かったし、
時間を使って努力すれば
完全に相場を支配できると心のどこかで感じていたと思います。


その証拠に、月の最初の目標には、
「今月は○万円以上必ず稼ぐ」とその当時は必ず書いていたし、
OL体質が抜けていないというか、安定的に相場でお金を稼げるもの、
そういった視点でFXというものを見つめていたと思います。




でもその日を経験したお陰で、
「相場は根本的にわからない」という考え方が心底身に付きましたし、

意味のある勉強=確実に利益が出る手法を見つける事、バイアスが”わかる”事

だったのが、

意味のある勉強=確率を高める為の勉強

という考えに、変わっていきました。




そして努力という言葉に関しても、

努力=どの世界でも努力さえすれば、確実に成功できる

という考え方から、

努力=努力すれば、誰でも成功できる世界ではない。
   でも努力しなければ、成功する確率もない。

  
という考え方に変わっていきました。




だからよくコメントでも、
「自分なりに努力を精一杯していますが、何故か収支が伸びない」
という言葉を頂きますが、投資の世界においては、
そういう世界では無いという事です。


でも日本人の結構な割合は、
「努力している他人を妬む努力をする人間」が多いので、
そういう最低の人間に比べれば、成功する確率は充分にあると思います。


努力が実らない時ほど悔しい事はありませんが、
そういう世界だと割り切って、努力を誰よりもヒッソリ続けるしか、
それしか結局はないんだと思います。






少し話がそれましたが、
相場はわからないという謙虚さを持った事で一番変わったのは、
何事も確率で考えるようになった事だと思います。



トレード判断がそれまでは完全なバイアスだったのが、
どんな時でも確率で考えるようになったし、
人間の心理がどう相場に働くのかも確率で捉える形になったし、
手法のバックテストでの確率もそれまで以上に重視するようになりました。


そして損切りに関しても、
「相場はわからないんだから、
 トレード前に決めた水準で切るしかないよね」
という考え方に変わりましたし、
今の利損割合重視のトレードがこの時期から始まっていく事となります。










次回は手法面での変化であったり、どういった勉強をその当時していたかなど、
そこら辺を書ければいいなと思いますが、今日の内容を読んで頂き、
いかに聖杯探しが無駄で、何もよい影響を与えないという事”が、
少しでもご理解頂ければ幸いです。


結局、「相場はわからない」という謙虚さを持った上で、
大衆とは異なる”正しい確率の視点”を努力して身に付けるしか、
それしか無いのかなと今は思っています。



小手先の手法であったり、そういう部分は簡単に見につきますが、
この謙虚さであり確率視点の有無が、トータルでは大きな差に
繋がるのだと思います。


次回の当シリーズも、
楽しみにしていて下さいねー!










【トレード結果】


今日はまずチャートをご覧頂きましょうか。


<そう来たかチャート>


寝たら駄目なの?




昨日のブログで詳しく解説したように、
私は結局122円付近のモミモミ後に再度の下落確率が高いと思い
ストップを122.74に指しながら売りポジションを保有し続けていたわけですが、
持ち越しはしないと決めていたので今日の8時前にさっさと決済し、
1人反省会をした後にベッドへ向かいました。


決済をした場所が2つ目の赤丸ですね。


そしてその2つ目の赤丸以降の動きを見て頂きたいのですが、
私が寝るのを見計らったように、
その後に軽く1円以上(60万円以上)あっさり下落しています。


ここ、笑う所ですよ・・・。




まあ冗談はいいとして、持ち越さないと決めた以上、
この判断も、その後の下落が取れなかったのも全て納得していますし、
今日書いた「相場はわからない」という事を、
身を持って体現できたと思います。


コメントを見るとユーロ/円やポンド/円を私以上に所有し、
10時からの下落を丸々取れた方が複数いるようですが、
おめでとうございます!ですね。


次回は私も取れるよう、
頑張ります・・・(笑)。









2/24 00:01- ユーロ/円


122.68 新規売 60万通貨



122.08  決済




プラス34万8000円



8時前に決済。










   「お前の愛するチ○寄せ先輩、
     トルコで愛を見つけたのか!!!

     やるな~。」








me  「そうなのよ。

     私もビックリなんだけど、
     上手くいけばいいね。」








   「それよりお前もさ、
     海外に目を向けてみたら?

     そしたらお前なんかでも、
     貰ってくれる人がいるかもしれないぞー。

     エヘヘヘヘ~~~。」








・・・








随分な言われようですね・・・。




でも、あと10年ぐらい1人身状態が続いたら、
検討させて頂きます・・・。


熊野郎
 こいつは生意気でドMな男の子ですんで、やっちゃって下さいな。
 私がブログを楽しく書くパワーに、「ぶおっぶおーん!」となりますんで。


人気ブログランキングへ

ますお君
 この子は新入りで、まだ人間性が把握できていませんが、
 何故かいつもガッツポーズをしています。
 その無邪気な姿勢に免じて、応援してあげて下さいな。


ブログ為替レート

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
私の本音でのFX業者ランキング【2010年02月最新版】はこちら
http://mainasusikouonna.blog34.fc2.com/blog-entry-49.html
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

theme : FX(外国為替証拠金取引)
genre : 株式・投資・マネー

う○ち と う○チョ



雪やコンコ 男もコンコン


降っては付き合って~は


ずんずん いなくなる











関東より下の方にはまだ降っていないようですが、
東京には雪が降りました!


私は小さい頃から
雪や台風が来ると何故かテンションが上がるそんな人間ですので、
昨日はノートレで少し早めにトレードを切り上げた事もあり、
重装備で外に出て、暗闇の中でしたが雪と戯れていました。


スニーカーで外に出たせいか、
靴下までグッチャリ濡れてしまいましたが、
久々に童心に変えれた気がするし、何か清々しい気分です。






そして雪を見ると、
去年の今頃に行ったスキー旅行を思い出します。


チ○寄せ先輩が企画し、
一泊二日の小さな旅行でしたが、
普段の遊び仲間や先輩の友達なども参加し、
それはそれはハチャメチャな旅行でした。






まず目立っていたのが、
誰を隠そう企画者張本人でした。


これから雪山に行くというのに、
まるでクラブに行くようなイケイケな格好で現れ全員のドンビキを誘うわ、
「スポーツ万能だからスキーもスノボも余裕。みんな私について来れる?」
と豪語していたにも関わらず、全く滑れずスポーツ神経ゼロが判明したのに、
「雪が悪い!」と理解不能な言葉を発し続けた、そんな企画者でした。


私はスキーもスノボもできないので、1人離れソリ遊びを満喫していて、
結局途中から彼女もそれに加わる事となったのですが、その時点でも
「雪が降りすぎ!」「スキー靴のサイズが合っていない!」など言い続け、

”雪が降らないと、スキーできねえよ。それに靴をレンタルする時、
 「このスキー靴、私にぴったし!」と言ってたじゃねえかよ・・・”

と内心私は思っていましたが、まあいつもの事ですし、
改めて彼女の凄さ(?)を感じた、そんな旅行でした。






そして極めつけは、
「あの男性、私を見つめてる!声掛けようかな・・・」とほざき出した事。


みんなで休憩中に食堂でカレーを食べていた時なんですが、
企画者(チ○)のみテンションが異常に上がり、
1人そんな訳分からない事をずっと言っていました。




確かに2つぐらい離れた所に男性グループがいたのですが、
どう見ても高校生か大学生。


そしてどう見ても、
見つめている気配はゼロ。


それなのにあの人、
みんなが止めたにもかかわらず、
そんな年齢が半分くらいの人達に、声を掛けにいったんです。


その積極性、
どこから湧き出るんでしょうか・・・。




そしてその行動を私達は見ないフリをしながらガン見していたのですが(笑)、
ほぼ3秒くらい会話をした後、彼女は鬼のような顔をして帰ってきました。


その時点で全員爆笑を必死にこらえていたのですが、
どうだったの?と質問すると、
「食事に誘ったんだけど、”結構です”と言われた」との回答。


更に「断るなら、最初から変な目で私を見つめないで欲しいわ!」
と彼女は激怒していましたが、見てないでしょと全員が感じていたし
笑いをこらえるのに必死ですが、私はこらえる事が出来ず
目の前で大爆笑してしまいました。


だって年齢が半分くらいの子に話かけるのも恐ろしい事なのに、
更にあっさり拒否されるなんて、こりゃ笑うしかありません。


でも勘違いであろうがこの積極性は凄いとしか言いようが無いですし、
私も少しは見習わないといけませんね(笑)。






こんな素敵な女性が企画する恒例の冬旅行、
今年は当人がこれから海外出張があるせいか、
予定はありません。


でももし開催されるなら、
集合時の”雪山に行くとは思えないすんごい格好”だけでも
このブログに載せたいなと、内心狙っています(笑)。


「ジュリアナ東京が復活したのかな?」
と思えるような、そんなすんごい格好ですので。




それにその画像をプリントアウトすれば、
厄除けとしても使えます!


効き目は間違いなく、
抜群ですよ(笑)。










それではそんな懐かしいお話はここまでにして、
話題を変えようと思います。


今日は、今話題になっているフォーランドフォレックスなどを
初めとする各社の動きや、FXプライムの注目の新サービスなど、
各社の最新動向を書こうかなと思いましたが、
まだチャックしきれていない会社やサービスも少しある為、断念。


今更ですが本当にFXの会社、
増えすぎですね・・・。






なので今日は、
雪遊びをして元気一杯な状況ですし、


「あの頃私は若かったシリーズ 

 パートⅨ」



をお送りしようと思います。




もうこのシリーズも、
次で2桁達成なんですね。


ひょんなキッカケからこのシリーズを書き始めましたが、
「私はなんで、過去を曝け出しているんだろうね・・・」
と思う時が多々あります。


でもここまで来てしまうと、
もうどうでもいいし全て曝け出そうと思っていますので、
何かしらの参考になれば幸いですし、楽しんで頂ければと思います。




他人の不幸は、
蜜の味ですからね・・・(笑)。






前回は深夜のコールセンターでお勉強とデモに励んだ事、
借金が貯金に変わり株の取引を再開し、
ひょんな事からFX取引も再開した所まで書きました。


今日はその続きになりますが、まだ読まれた事がない方は
右側のカテゴリーより先に前回までを読んで頂くと、
話が繋がると思います。


ではスタート!










私は当時、
投資の世界で生きて行きたいという事は心に決めていました。


ただ資金的にも実力的にも専業になるのはまだ早いと思っていましたし、
幸いその頃に勤めていた会社は、専業になる為の勉強の場としても
使うことが出来たので、あと2年程は会社員をやろうと感じていたと思います。




でもその頃に勤めていた会社の社内事情で、
会社を休養する事となりました。


あまりこの事を書くとどの会社なのかばれるので書きませんが、
(もう既にばれている可能性、激高ですけど・・・)
結局その数ヶ月間、私は同僚の人に薦められたFX業者に申し込みをし、
FX取引を再開する事になりました。


手法は数量分割でのトレードを前提にした
直前の高値安値に基く逆張りがメインだったと思いますが、
その数ヶ月は揉み合い相場であった影響か、
数十万で始めた資産をその休養期間で、あっという間に増やしました。


ここまでのみ見ると、
FXを再開した事実は、間違いなく「吉」でした。






そうなると私のような人間が取る行動は見えています。


さっさと会社を退職し、
実力の面で大いなる勘違いをしたまま、専業になったんです。


パソコンも一台のみでトレードしていたし、
計画的なトレードもできていない、具体的なパターンも無い、
そして損切りもデモでは出来てもリアルでは普通にできない、
そんな状態での専業デビューです。


そして株ではなくFXを選択したのもある程度の考えはありましたが、
それまでの流れをそのまま受けての流れとも言えるので、
今冷静に考えると恐ろしい事を何も考えずよくしたなと感じます。


本来なら、投資を仕事とする訳で
尚且つ投資家というのは高度な仕事で失敗をお金で払うという
普通には考えられない仕事ですから、ある程度の実践的スキルの有無と
客観的な結果に基いてその仕事ができるのかどうか、判断すべきです。


でも私、
「いってまえ~」みたいな感覚で、専業になっちゃいました。


だから専業になって数ヵ月後、
円形脱毛症を発症する訳です(笑)。






専業になった日、
日記にその当時の心境が書かれていましたが、
「投資家としての決意!」というより、
「会社に行かなくていい喜び」が綴られていました。


元来、人との表面的な付き合いが嫌いで、
実力以外の要素が出世や給料に影響する会社勤めというのは、
私には向いていません。


だから会社を辞めたという事実が一番嬉しかったようですが、
本当なら専業になった日に書く日記としては間違いですよね。


そんな心境でやっている人間、
相場の神様が見逃すわけがありません。






専業になってから数日後、
あっさり”専業になった事を後悔する日”がやって来ます。


「あの頃私は若かったシリーズ 番外編」に、
最初のFXでの失敗を書いたと思いますが、
似たような状況の日が、またやって来たんです。


さすがにその当時、
全資産を口座にすべて突っ込む事はしていませんでしたが、
それでも半分以上は間違いなく突っ込んでいましたし、
それをあっという間に失いました。


損切りについても、
デモではあんなに簡単に出来たのに、
その時はマウスを持っている右手の人差し指が、
縦に動きませんでした。


動かしていたら、それなりの損害はあったにしろ、
口座のほぼ全ての資産を失う事はなかったろうし、
塩パスタを毎日食べなくてもよかったかもしれない。


でも私の人差し指が縦に動くのを、
”自分自身が”否定していました。




そして前述したように、その当時は全てのトレードを
数量分割で組み立てていました。


トータルで30万通貨トレードしようと思っていても、
新規注文時は10×3か15×2のようにして、
新規注文をする位置をずらしていましたし、
決済においても一括で決済せず、全て分割決済していました。


そのお陰で助かった面も沢山ありましたが、
このトレードの大前提は、
”計画的数量”で”計画的な場所”でトレードするから成り立つわけで、
その魔の日の私は、計画数量の倍以上の数量を、
何回も無計画に熱くトレードをしていました。


そうなるともうそれは、
”たちの悪いナンピン”としか言えませんよね。






ロスカットに迫ったのは夜遅くだったと思いますが、
「やめて!」だの「いや~!」だの叫んでいたと思います。


通報されてもおかしくなかった状態だと思いますが、
恥ずかしさなんか忘れ、そんな言葉を心から叫んでいました。


叫んでも祈っても、
何か変わるわけでは無いのに・・・。



そして、その叫びをあげる状況を作ったのは、
誰でもない自分だというのにね・・・。






そして結局、休養期間で急上昇をし
それなりに持つだろうと予想していた資産は半分以下になり、
それからは毎日資産の減少に脅える、そんな生活でした。


定期収入がある事の素晴らしさ、
その時に初めて感じたと思います。


ごく当たり前の事ですが、
定期的に一定の額が銀行口座に入金される事、
これは恐ろしく素晴らしい事です。


投資で損をしようが、何か無駄遣いしようが、
一定期間我慢すれば補充するお金が入ってくるわけですし、
それが無い現実、経験した事が無い方はわからないかもしれませんが、
心理的なプレッシャーは相当なものです。


まあ、そんな世界に飛び込んだのは、
自分自身の決定なんですけどね(笑)。






なので「専業になりたい!」という相談を結構受けるのですが、
継続的な結果を出した上でという当たり前の前提をアドバイスした上で、
定期収入が無い事の恐ろしさ、これも必ず伝えています。


専業というのは、投資面のプレッシャーだけではなく、
”生きる”という根本的な部分でのプレッシャーも相当ありますし、
例えば5年間専業をやって結果が出ないと、
社会的にというかほぼ全ての会社において、その5年間は何も評価されません。


会社を興そうとしてもお金が無いはずですし、
社会人にまた戻るとしても、専業前の状況と全く同じ状況で就活はできません。


成功すれば、それはもう多大な自由と使いきれないお金が手に入りますが、
逆の面ではそういう面も十二分にあるんです。




私もその魔の日の次の日、
日記にも書いてありましたが社会人に戻ろうかなと一瞬考えました。


例えば誰かに誘われて専業になったり、
根本的な目標が無い状態でしたら、
多分私は社会人に戻って、そのままOL生活を続けていたと思います。


でも負けず嫌いの性格は勿論の事、
専業になるといのは他ならず私自身が決めた事だし、
目標を作る上でのキッカケになったNPO活動の写真を見ると、
やっぱり自分が決めた目標なんだから、必ず達成しないといけない、
その強い気持ちだけが社会人に戻る事を拒否していました。




しかし損切りが”本質的には”できないと気付いた自分がいたし、
どういうパターンでトレードすべきか固まりきれていない自分がいたし、
資産的にもあともう一回同じ事をしたら次が無い事は明確でしたし、
とにかく色々な事に脅えていました。


だから”必要以上”に損切りや利食いが早かったし、
家賃や光熱費も毎月払わないといけないから資産は徐々に減っていく。


そんな感じでそこから数ヶ月間、
時間だけが過ぎていました。




でも1つだけ言える事は、そんな時期でも
分からないなりに自分が行ったトレードを誰よりも復習し、
誰よりも考えていたという自負はあります。


だって考え過ぎで、頭が数箇所はげたんですから(笑)。


相談する人がいなかったので、私の師匠は全て本でしたが、

・トレードの計画性や組み立ては、こういう風に考えるんだ。
 私はまだこの部分が、足りない!

・このパターン、今日出た!

・このテクニカル、
 あの本に書いてあったようにこういう状況では使える!

みたいな事を、毎日毎日飽きもせず考えていました。




「資金管理をもっと学びたいな~」と言っている人に、
私は「○○の本の○章が参考になるよ」と即伝えるので
よく専業仲間から驚かれるのですが、ほぼ全ての本を暗記するほど、
私はその時期にありとあらゆる事を実践的に学びました。


深夜のコールセンターで学んだ事が前提にあるのは
言うまでもありませんが、その時つけた知識がその期間の勉強で、
実践的になったし体に染み付いて行ったと思います。


今もその勉強は続けていますが、
今ある知識の大半は、その時に感じその時に考えた事です。


投資の師匠がいなくても、
沢山の有益な本は充分に師匠代わりになってくれると、断然して言えます。






しかし、明確な手法や意思がなかなか固まる事はなく、
収支も伸びることも無く、毎日が体育会系合宿のように過ごしていた訳ですが、
約半年以上たったある日、ひょんな事から私にある意味劇的な変化が起こります。


この事は多くの投資本に書かれている事ですしごくごく当たり前の概念なんですが、
どこかで常に完璧を求める私にとって、この変化は非常に大きいものでした。






少し長くなりましたので、次回はその変化のキッカケの日、
そしてその変化は私の投資にどういった影響を及ぼしたのか、
そこらへんを中心に書こうと思っています。




「専業になりたい!」というコメントを時々頂き、
それはそれで凄く嬉しい事ではあるのですが、
イメージ先行というか良い面だけが
クローズアップされている気がしてなりません。


その”イメージ通り”になるには、
想像以上に壁と心理的なプレッシャーが多い事、
そしてごく普通の人間が”イメージ通り”の成績になるには、
想像以上の時間がかかる事を今回お伝えしたかった事です。


月100万・300万・500万を稼ぐというのは、
やはりそれなりの過程が勿論必要ですし、
”運”だけでは継続してやっていける訳がありません。


でも私のようなうん○みたいな人間がうん○並に頑張れば、
うんを掴みそれなりにやっていけるというのも事実です。




最後の締めが今ひとつでしたが(笑)、
次回の当シリーズも楽しみにして下さいね!










【トレード結果】


昨日のNY時間などは強い動きで、
私はダレを狙っていましたが入るべきところが無くノートレ。


今のチャートの形から見ると、もう少し上に行ってもおかしくないですが、
全体的にそこまで戻る(上がる)とは思えないし、
今日明日あたりのトレードは、非常にチャンスが多そうです。










   「おいyuminnko・・・。


     お前いい加減に、
     ブログでうん○うん○言うのやめろよ。


     ほんといつか、張り倒されるぞ。」








me   「だってね・・・、


      時々書くと、なんか私スッキリするんだもん・・・」








    「なんだよそれ。


      だったらもう少し可愛らしく、
      ”う○ち”にするとかしろよ!」








    「おいどんのオススメは、
      ”う○チョ”あたりですかね。


      ”チョ”という響きが、
      おいどんはお気に入りです。」










・・・










うーん・・・、




あんまり変わんないと思うよ・・・。






それより食事中の方、




ほんとごめんチョね・・・(笑)。




熊野郎
 こいつは生意気でドMな男の子ですんで、やっちゃって下さいな。
 私がブログを楽しく書くパワーに、「ぶおっぶおーん!」となりますんで。


人気ブログランキングへ

ますお君
 この子は新入りで、まだ人間性が把握できていませんが、
 何故かいつもガッツポーズをしています。
 その無邪気な姿勢に免じて、応援してあげて下さいな。


ブログ為替レート

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
私の本音でのFX業者ランキング【2010年02月最新版】はこちら
http://mainasusikouonna.blog34.fc2.com/blog-entry-49.html
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

theme : FX(外国為替証拠金取引)
genre : 株式・投資・マネー

04 | 2017/03 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

yuminnko

Author:yuminnko
まあまあの大学出て、そのまま証券会社⇒FX専業会社に転職したまあまあの人間でした。

大学時代も準ミスに選ばれたり、会社員時代もチヤホヤされたりすることが多かった。

でももうそんな輝きはどこにやら、現在は完全に頭の中が腐りかけています・・・。

そしてFXは最初40万円(すくねえ)でスタートし約1ヵ月半で300万になりましたが、そこからはロスカットやら自信喪失やらで長い暗黒時代を経験。

その後はなんとか暗黒時代を抜けて、現在は都心の一戸建てが2個買えるくらいですが、
そんな女が毎日グダグダ書く、しょうもないブログがこれです。

私がオススメのFX業者

他のブログでは見ることができない、経験に基づいた私の本音での「業者評価ランキング」です。

(※文字をクリックすれば、
  内容が見れます。)

ベスト5+次点を発表。


総合NO.1
 【 GMOクリック証券 】


 【 SBI FXトレード 】

総合NO.2
 【 外為ジャパン 】


総合NO.3
 【 DMM.com証券 】


 【 FXトレード
   ・フィナンシャル
 】


総合NO.4は
 【 ヒロセ通商 】


総合NO.5は
 【 みんなのFX 】



タイアップ中のFX業者
数多くのタイアップ依頼が実際にありましたが、私が認めたのは以下の6社のみです。

特典が色々付きますが、期間限定のタイアップになります。


【 外為ジャパン 】

<特典>
最新NO.1本
 (1万通貨以上取引)
・キャッシュバック
 (最大1万円)


【 DMM.com証券 】

<特典>
無類実践本(4104円)
・条件達成で1万円


【 FXトレード
   ・フィナンシャル
 】

<特典>
最強高額本(5184円)
・諸々キャッシュバック


【 SBI FXトレード 】

<特典>
・キャッシュバック


【 みんなのFX 】

<特典>
必読オススメ本
・条件を満たした場合、
 最大10,000円


マネーパートナーズ

<特典>
・キャッシュバック


お気に入りに登録して!
カテゴリちゃん
↓ 投票くだちゃい
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。